運動不足の解消には水泳が効果的|便秘や肩こりにも効果的です!

運動不足の解消には水泳が効果的?

ダイエットや体力・筋力の低下を阻止するなどの目的で、運動不足を解消するには水泳が良いと言われています。

 

運動不足解消なら他の運動でも良いのではないかと思うでしょうが、実は水泳ならではの利点がたくさんあり、人によっては他の運動が無理でもこれなら無理なく続行できる、大丈夫!という方が多いのです。

 

運動不足解消目的なら、スポーツをなんでもやればよいという訳ではありません。中高年者の方は勿論、若くても腰や膝を傷めている方が運動をすると、更に症状が悪化するという逆効果になるからです。

 

しかし水泳の場合だと、水の浮力により身体にかかる負担が通常のスポーツに比べて一割程度で済む、というメリットがあります。

 

全く泳げなくても、プールを普通に歩くだけで運動不足解消になる上に、水温による体温の低下に対抗して身体の熱エネルギーが対抗する事により、対抗するだけの量だけエネルギーが消費されるので、プールだけでなく、お風呂につかるだけでもダイエットの効果があります。

 

スポーツジムに通ったことがある方なら経験があるかもしれませんが、プールだと他の運動に比べて年齢層が高い、還暦を過ぎている方を多く見かけます。

 

これは浮力により身体に負担がかからずに、無理が無く継続出来る事から起こる事だからです。

 

 

 

運動不足は太る原因になっている

運動不足が続くと太る結果となってしまうので、早い時期に改善することが求められます。

 

学生時代は部活動などで運動する機会が多くあったのでたくさん食べても太らない人が多いのですが、社会人になると運動する機会が極端に減少するので、同じように食べていては当然太ることになります。

 

運動不足の放置は太るだけでなく、健康にも悪い影響を生じさせてしまいます。血流が悪くなってしまい、歳をとった際に様々な病気を発症しやすくなります。

 

歳をとっても健康に過ごしたいと考えている方は、今のうちから運動不足を解消しておくべきです。別に激しいトレーニングをしろ、というわけではありません。自分のできる範囲内のことで全く構いません。

 

特におすすめの運動は、ジョギングなどの有酸素運動になります。有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いのでダイエットにも良いですし、血流が改善されるので健康にも効果的です。

 

また、何か好きなスポーツを行うのも良いと思われます。ゴルフや卓球、フットサル、水泳など様々な選択肢があります。

 

仕事で忙しい方が少なくないようですが、週に何度かは運動する機会を作ることをおすすめします。太って良いことは何もないので、体型維持は非常に大事です。

 

 

 

便秘には関係がある?

運動不足と便秘に関係があるかについては以下の通りです。

 

結論から言うと、運動不足と便秘にはとても深い関係があると言うことができます。まず運動不足が続いていると、全身のあらゆる筋肉の力が衰えていきます。筋肉は使うことで成長していくからです。

 

そして排便をスムーズに行うためには、腸から肛門へと便を押し出すための筋肉、腹筋が非常に重要です。よって運動をしていないことでその筋力が著しく衰えていると、排便が困難になり、便秘になる傾向が高くなると言うのが、理由のひとつとして挙げられます。

 

また単純に便を押し出すことができないからと言う理由だけできなく、腹筋の衰えは腸の蠕動活動の衰えにもつながる、と言うのも理由のひとつです。

 

腸の蠕動運動が衰えると、腸内においても便が肛門へと下がりにくくなってしまうので、やはり排便がスムーズに行われにくくなる可能性が高くなってしまいます。

 

それから適度な運動にはストレスや肉体の緊張をほぐし、自律神経の内、副交感神経を優位にする作用を期待することができます。

 

副交感神経が優位になると胃腸の働きが整えられ、排便がスムーズに行われやすくなることから、やはり運動不足は便秘を招きやすいと言うことができます。

 

 

 

運動不足から肩こりになることはある?

運動不足から肩こりを引き起こすことがあります。運動することは、血流改善効果があり、同時に運動を続けることにより、筋肉量の低下を防ぐことができます。

 

肩こりを起こしている時の首や肩は、血流が悪い状態となっており、新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくい状態です。そのため、疲れやすくなっています。

 

筋肉は、血液を送るポンプのような役割があるため、運動不足になると肩こりを引き起こしやすくなります。運動不足だからといって、筋肉に強い負荷をかける必要はなく、筋肉を動かすことが重要になります。

 

散歩やウォーキングなどの軽い運動、室内での浅い屈伸運動であっても全身の血流を良くすることはできるため、定期的に行うようにすることが大切です。運動が苦手な人であっても、常日頃から身体を動かすことを意識するだけでも違いが出てきます。

 

エレベーターを使わずに階段を意識して使うようにする、近所であれば車の移動ではなく徒歩で移動するなど、普段の生活の中でも意識して動くようにすることから始めることです。

 

特に、デスクワーク中心の場合、同じ姿勢を長時間続けることになるため、腰への負担も大きくなりやすいです。

 

最初から無理に運動するのではなく、身体を動かすことの抵抗をなくすことから始めることです。

 

 

 

運動不足が続くと筋肉も落ちる?

筋肉は一度鍛え上げたら、その状態を永遠とキープする事が出来るものではありません。人体もまた機械や道具のように、全然使わない日々が続きますと、どんどん時と共に衰えていきます。

 

運動不足になると、学生時代、バリバリのスポーツマンだった方でも、筋肉が年齢と共にどんどん衰退していきます。

 

本人の意識の上では、自分は激しい部活動の練習に耐えてきた人物なので、多少運動不足の日々が続いても、昔のように颯爽とスポーツを再開する事が出来るだろう、といった思い込みがあるかもしれません。

 

しかし、運動不足の日々が社会に出てから続きますと、上半身から下半身の筋肉が衰退し、頭でイメージするような動きが出来なくなります。

 

また学生時代、バスケットクラブやサッカークラブ等に所属し、若い頃から筋肉質なボディを得ていた方々が、社会人になり、急に運動不足の日々へと至りますと、昔はスリムでスタイリッシュだったボディが突然、肥満体になってしまう事があります。

 

筋肉は使わないと衰える一方、そこに運動不足でストレスフルな日々が続きますと、暴飲暴食が加わり、体育会系のライフスタイルだけが社会人になった後も残っていると、部活を引退してから数十キロ、太ってしまう恐れもあります。

 

 

 

おすすすウェブサイトはこちら!

運動不足を解消することで、色々なメリットが期待できることがわかりました。メリットを受けるために運動をしたいという人も多いかもしれないですね。

 

食事内容を変えてみたりすることが人によってはポイントになることもあります。

 

また、運動不足を考えたときには、基礎代謝についても考慮するのが最善です。

 

まずは、基礎代謝を上げる事について知識をつける必要があるんです。

 

特に、基礎代謝を下げる原因については細かな注意も必要です。

 

 

プロミスの自動契約機で即日融資|駅の近くで借りれます※Webで完結・ATM契約も可能です!